• TOPページ
  • 株式会社ビオスタの会社概要
  • 粉体関連機器のサイトマップ
  • お問合せ
  • ピエゾ/コイル自動フルイ
  • 粉体フィーダー
  • 粉体流動性試験装置
粉体流動性試験装置

粉体流動性試験装置のメカニズムDynamic Powder Flow Tester DPF-03

粉粒体の流動性に係る因子

流動性に係わる因子は非常に多く、各因子が複雑に影響を与えるため物性ではなく現象として考える必要がある。
また、複数の因子が影響する流動性は線形性が成立しているとは限らない。
したがって、流動性は実際にその粉体が流動している状態で測定する必要がある。

粉粒体の流動性に係る因子

直接的測定法DPF-03

粉粒体の流動性に係る因子

振動細管式流動性測定法

流動状態で測定できる粉粒体流動性測定装置振動体により外力を加え、流動が開始される 時点及び流動している状態での流動プロファイルを測定できる。 外力の強度を時間と共に強く(弱く)するプログラムの実行が可能で、粉体に加わる外部強度による流動性を評価できる。

DPF-03概略

DPF-03概略

装置概略

・PCより発信した任意の信号により圧電素子を振動させ細管に外力を与える。細管先端部をレーザー変位計で計測し フィードバック制御を行う。
・排出された粒子流量と振動加速度を専用ソフトでCSV形式で保存できる。
・解析ソフトを用い排出データをグラフにする。

使用場面へ

映像ギャラリー

ピエゾ/コイル自動フルイと
粉体フィーダーの実力を実際の映像で
ご覧ください!

映像ギャラリー

お問い合わせ

各製品に関するご質問、
デモ機レンタルや、流動性測定の
受託分析依頼はこちら!

お問い合わせはこちら

PAGE TOP